ふわふわ、さらさら
Feather Weight カーディガン、編み終わりました。

私のプロジェクトページはこちら
パターンページはこちら

【使用糸】
Cowgirlblues Merino Lace variegated
色:Seaglass

【サイズ】
35.25(Sかな?)

【総重量】
134.0g

【糸使用量】
N/A

【使用針】
JPN #7

【スワッチゲージ】
水通し前 10センチ 25目×36段
水通し後 10センチ 25目×35段
推奨ゲージ:24目×36段

【本体サイズ】

【画像参考】
N/A

【変更点】
七分袖のところをほぼ長袖に。

【製作期間】
2018/06/08 ~ 2018/06/17
(写真は2018/10に撮ってます)

【その他 糸に関して】
+色のむら
今回も特にありませんでした。

+チクチク
全くなし。
サラサラしています。

+色落ち
多少あり。
水通しの時、爽やかな水色になりました。
綺麗だったなぁ…と言っても、水が少し色づく程度なので、あまり気にしなくて問題なしです。
針が糸色に染まるということもありませんでした。

【その他 お道具】
N/A

【使用動画・ハツミミ用語】
St st → メリヤス

【感想】
すっぴんすみません。。

Ravelry登録数9000OVERのこの作品。

このパターンの存在を知ったのは、リリース当初。
Laceでカーデ編めるの?!って不思議で不思議で。
Pierrotさんの Pont du Gardとかで編んでる方が多かった記憶があります。
(ワタシも持ってる!)

当時は英文パターンに今よりもーっと自信なかったし、レース糸を扱ったこともなくて。
でも、Cowgirlの糸をみた時にほしすぎるーとなって、このパターンを編もうと糸のGETはしていたのです。
糸はあって、損はしない。
ほんとそれです。

私は、細い糸を太い針を使って編む場合、かなりゲージが揺れるようです…
今回もスワッチを編みましたが、スワッチと編み上がりの目の雰囲気が違って驚き。

また、このパターンはカラー部分をBODYから拾って行くのですが
糸が細く、針が太いので拾う際は-2号位をおすすめします。
そして、次の段から7号を使用するというのが良いかも。
次回トライしてみたいです。

今回、7号で拾ったのですが、かなり目が開いてしまい、美しくないです。。。

そして、次回はもう少し裾を長めに編みたい。
編んだつもりだったんだけれど…足りなかった!

とてもシンプルなパターンで編みやすいのでLaceではなく、Fingeringくらいで編むのも素敵かも。
段染めの糸や、ソックヤーンで編んでみたいなぁ。

ひと目ゴム編み部分は、ひと目ゴム編み止めをしています。
棒針でゆるく止める方法、どうも手と合わなくて。

実際止める際、3倍の糸長を利用するので裾は本当に大変。
特に、cowgirlのような撚りがない糸で使用する場合、摩耗が激しいので
(袖周りなどは良いと思います)裾にはおすすめしません。
糸を継ぐのもありなのですが、私はそれが上手にできないので、ゆっくりと一本で綴じきりました。頑張った!
とは言え、何事も経験なのでやってみるのが良いかも。

こういうのはなんですが、かなり実用的で簡単に編めるカーデで
モバイルにも向いてると思います。

実はこのパターン、一週間くらいで編めちゃいました。細い糸を太い針で編むってほんとすごい。

そして本当にこれは使えます。軽いので、ざっくりと丸めてバックに忍ばせても、全く苦にならない厚み。

リピ決定のパターンです。

写真を撮るまでに、4ヶ月かかったのは、ひ・み・つ。

【その他】
N/A