ずーっとやりたかったのに、放置しすぎた針比較。

ざっくりですが、まとめることができました。

今回はRUKIを片足ずつ違う針を使って編んでみた。
これらは、あくまで個人の感想でございます。

2.00mm(US0)の付替え針を使用。
HiyaHiyaとChiaoGoo。
写真が美しくなくて申し訳ないです。

 

  1. ケーブルの柔らかさ、太さ
  2. 針先
  3. 滑りの良さ
  4. ジョイント部分の取れやすさ
  5. 針長とケーブルとのジョイント部分の長さ
  6. 総評

で参りたいと思います。
気づいたら追加していきます。
ケーブル赤 → ChiaoGoo
ケーブルピンク → Hiyahiya

1.ケーブルの柔らかさ、太さ

素材の表記はどちらもナイロンですがChiaoGooは少し質感が違います。

ケーブルの中に、何か細い針金が入っている模様が見えるのが気になるところ。
KnitPro、Addi、HiyaHiyaどれとも違います。

細さはHiyaHiya < ChiaoGoo。
マジックループをする際、細くて柔らかい分、ChiaoGooの方が好み。
ただし、跡が付きやすい。
HiyaHiyaは、KnitPro、Addiなどのケーブルと同じですが、その中でも一番柔らかいです。
そして、跡がつきにくいのが気に入りました。

 

2.針先

上がHiyaHiyaで下がChiaoGooです。
ChiaoGooの方が若干鋭角に見えます。
先端はChiaoGooが1.0cm、HiyaHiyaが0.8cmでした。

 

3.滑りの良さ

上がHiyaHiyaで下がChiaoGoo。
末端部分の形状は
HiyaHiyaはストレートですが、ChiaoGooは窄まっています。そのため、ワタシはChiaoGooが断然滑りがいいと感じてます。2枚目の写真は、ジョイント部分の径サイズ比較。
径が小さい方(向かって右)が、ChiaoGooです。ChiaoGooのケーブル、細くて柔らかすぎるので、プロジェクトの目から飛び出てしまうことがあるんです。
(めんどくさいなと思う方はいるかもと思って記載します)
これは靴下では感じなかったこと。
別プロジェクトの写真になりますが、後ほど追加します。

 

4.ジョイント部分の取れやすさ
5.針長とケーブルとのジョイント部分の長さ

上がHiyaHiyaで下がChiaoGoo。
どちらも、ねじ式で止めます。
これに関してはどちらも緩んでくるなという印象。
靴下を編んでる間、どちらも数回、締め直しました。
あえてどちらというとChiaoGooの方が緩みにくいかな。
針長は、若干ChiaoGooの方が長く
ケーブルのジョイント部分は、HiyaHiyaが長いです。
(編んでいてその違いを感じることはありませんでした)

 

6.そのた

 

仕上がり
靴下の出来上がりサイズがFoot部分が2cmほど違いました。
(ブロッキングしてもそれはさほど変わらず。)
ワタシは同時編みはせずに、片足ずつ編むタイプで
仕上がりはほとんど変わらないタイプなので、これは驚きました。

模様の出方
これも若干の違いだったのと
好みがあると思うのですが、ChiaoGooの方がケーブルの出方が穏やかでした。
 
匂い
金属針は、手につく匂いが苦手なワタシですが、これはどちらも気になりません。
当初、ChiaoGooが若干手に香りがつくな、、と思ったけれど、ほとんど気にならないくらい。

 
結果どっちが好き?
どちらの針を選ぶかと言うと、ChiaoGooを選びます。
ChaoGooは、ワタシには先端が尖りすぎているので、糸を割ってしまうし
ケーブルの跡がつくのが残念ですが、何より糸の送りが楽なのと、模様が穏やかで綺麗。

その他
もうしばらく両方使い続けてみて
情報をUPDATEしようと思います。
何よりこういうのは、夏休みの自由研究みたいで楽しい。

お返事はゆっくりになりますが
もし、質問等あればTwitterや、IGで連絡してください。
IGのDMはフォローしていない場合気づかないので、コメントだと助かります。