佐藤ちひろ先生の水の精、写真を撮りました。

一ヶ月前に編み上がっていたのに、なんだか延び延びにしてしまってました。

編み友さんが同じものを編まれているのですが
長さを気にされていて、はっ写真を撮るんだった!!と思い出した次第です。

私のプロジェクトページはこちら
パターンは、KeitoでKIT購入です。
Keitoやちひろ先生のお店、シェーラに直接行けば買えるかもしれません。

【使用糸】
Jamieson’s of Shetland Shetland Spindrift

【サイズ】
N/A

【総重量】
233g

【糸使用量】
130 Sky
135 Surf
162 Neptune
168 Clyde Blue
322 Lomond
途中で足りなくなったり、解いたり…。
結局どれくらい使ったか不明になってしまいました(反省)

【使用針】
ADDI 2.0mm
メインはKA 3.5mm 10cm針から
KnitPro 3.00mm に変更

【スワッチゲージ】
N/A

【本体サイズ】
135.0×36.0cm
ガーター編みでスタート、ゴム編で終了、なので、多少幅が変わります。
ガーター部分は幅38.0cm、ゴム編みは26.0cmです。

【画像参考】
N/A

【変更点】
無し

【製作期間】
2017/02/05~2018/06/04

【その他 糸に関して】
+色のむら
無し

+チクチク
無し

+色落ち
無し

【その他 お道具】
N/A

【使用動画・ハツミミ用語】
特になし

【感想】
KITを買ったのは、Keitoさんがまだ馬喰町にある頃で
フェアアイルをあまり良く知らないときでした。
青い、惹かれる、なにこれ?というのが最初。
一緒にお買い物に行ったお友達が詳しくて、色々とアドバイスもらいながら購入しました。

ジェイミソンズの糸自体は、これまた編み込みを知る前のこと。
「好きな色が沢山ある糸~」
と思って、一玉だけ買ったのが最初(これもKeitoさんで)です。

KITを開けてみて、よく見たら
うちにもある糸だ!となったのをよく覚えています。

それからしばらく、熟成させてて(2~3年位)おりました。
その間に、ちひろ先生のWSや個展にお邪魔して、経験値も積んだせいもあって
ある日、ほんとに急に、時が満ちてCO。
そこからサクサク進みました…と言いたいのですが、編み込みは集中力を要するタイプで、
テンションが気に入らなくて解いたり、USに持ち越しになった作品でもあります。

こちらに来てから、これもまた時が満ちて急に最後まで。
編み込みはのんびり長く編むと言うより短期集中で編むのが私には向いているのかもしれないです。

 

出来上がりの長さは、130cmでクロスして巻いて丁度くらい。
摩擦のおかげで、まったくもってずれません、落ちません。
そして、全くチクチクしないのも凄い!!
ワイルドな手触りなので、洗ってもチクチクしそうなのですが、それが無い
やっぱりジェイミソンズ、良いなぁぁ。

そして、こちら地域紫外線が強いせいか、青がより鮮やかに見えます。
嬉しいー!

個人的には、もう少し長めでも良かったかな?
もしくはエキストラスティッチ(スティーク)無しのカウルとかも素敵。

兎にも角にも、素敵な編み時間でした。
また編み込みしたくなってしまう~!!

そして、またまたおまけ↓
パラパラ漫画的な。

パサリ…